地震前兆?5周2只「深海巨乌贼」被冲上岸

深海巨乌贼日本新潟市的岸边发现了一只在深海生活的大王乌贼尸体,立即引起当地水族馆的关注,事实上,近一个月来这已经是第二只被发现死亡的大王乌贼,也因此有网友担忧这是否是大地震,亦或是其他不详事端的预兆。深海巨乌贼新潟市水族馆によると、4月2日にダイオウイカの漂着报告があり、その后もサケガシラのような珍しい深海生物の报告が复数あったとのことです。
ダイオウイカがこの地域で目撃されるのは珍しく、水族馆はダイオウイカの标本展示を行うとしていました。

他にも全国各地絵深海生物の目撃报告が见られましたが、海底地震や地殻変动の前兆を感じ取った深海生物が动き出したのではないかとして、ネット上では地震の前兆说が飞び交っています。
现时点で深海生物と地震の关系は分からないことが多いですが、东日本大震灾やニュージランド冲地震などで本震前にイルカの座礁騒动があっただけに、全くの无关系ではないと指摘する声もあるところです。

2月28日时,也有一只大王乌贼尸体同样出现在本州岛日本海沿岸的鸟取县,接连出现原先应居住在深海的大为乌贼尸体也让不少网友开始猜测,这是否是大地震的预兆,亦或是有什么大事要发生,引发了许多猜想。

根据研究显示,大王乌贼是目前已知的第二大无脊椎动物,也是所有现存最长的软件动物。虽然在体型上还有争议,因为近年在南极外海发现了体型更大的大王酸浆鱿。目前体型最大并经证实的大王酸浆鱿体长有18公尺,足足比大王乌贼多出6公尺。

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。